地域づくりのプラットフォーム

プラットフォームの定義

一般的に、地域プラットフォーム形成では、PPPやPFIの推進するものが想起され(例えば、内閣府の「地域プラットフォーム形成支援事業」などである)、多くは自治体の公有地などの利活用が目的とされている。社会的な文脈で、地域づくりに寄与するプラットフォームとしては、以下のような定義がある。

多様な主体が共同する際に、協働を促進するコミュニケーションの基盤となる道具や仕組み

國領二郎「創発経営のプラットフォーム」

多様な主体の協働を促進するコミュニーションの基盤となる道具や仕組み、空間

飯盛義徳「地域づくりのプラットフォーム ―つながりをつくり、創発をうむ仕組みづくり」

複数のアクターが参加し、コミュニケーションや交流することで、相互に影響し合って何らかのものや価値を生み出す場やしくみ

敷田麻実・森重昌之・中村壯一郎「中間システムの役割を持つ地域プラットフォームの必要性とその構造分析」

プラットフォーム設計の基本的要素

プラットフォーム設計の変数として、國領二郎氏は5つの要素を挙げている。

①コミュニケーション・パターンの設計

②役割の設計

③インセンティブ(誘因)の設計

④信頼形成メカニズムの設計

⑤参加者内部のマネジメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました