味自慢の芋焼酎「黒伊佐錦」で伊佐を感じる【酒レビューNo.18】

焼酎

鹿児島の芋焼酎といえば黒伊佐錦!

鹿児島や熊本南部、宮崎などは焼酎文化で、多くの人たちから芋焼酎は愛されています。今回いただいたのは、その中でもファンが多く、毎日飲んでも飲み飽きない黒伊佐錦(くろいさにしき)。

黒伊佐錦をつくる大口酒造がある伊佐地方は、伊佐米の産地として名高い地域です。美味しいお米を育む豊かな自然が、美味しい焼酎作りにも一役買ってるわけですね。

私も時々伊佐を訪れますが、広大な田園風景や美しい自然に囲まれた非常に魅力的な地方です。黒伊佐錦以外にも、伊佐美や伊佐大泉など有名な焼酎がたくさん生まれています。飲み比べなんかも楽しくて良いですよ♪

お手頃な価格!?黒伊佐錦の特徴

芋焼酎独特のクセは少なく、すっきりとした飲み口が黒伊佐錦の特徴。それにもかかわらず、芋の香りとほのかな甘さを感じることができ、焼酎初心者から本格的な焼酎好きの方まで幅広い層から支持を得ています。

黒伊佐錦は黒麹を使用しているため、重厚な味わいと独特のコクを楽しむことができます。本格的な味わい飲みやすさを兼ね備えたハイブリッド芋焼酎であることがわかりますね。

また、価格も非常にお手軽であるため、伊佐地方や熊本南部では最も飲まれている焼酎の1つです。関東地方などでは霧島系の方がよく見ますが、実はコンビニなどでも売っているので、チェックしてみてください♪

おすすめ飲み方はお湯割り&炭酸割り

焼酎の飲み方に関しては、かなり個人の好みが反映されると思います。私の黒伊佐錦の飲み方は、最初に生(割らずに常温でそのまま飲む飲み方)で焼酎本来の味を楽しんだ後、お湯割りでいただきます。

やはり芋焼酎といえばお湯割り。香りが開き、より一層芋焼酎の魅力を楽しむことができますよね。

また、黒伊佐錦の甘さを引き立たせるため、炭酸割りもおすすめです。冷蔵庫から出した後20分くらい置いておき、常温に少し近づけて割るのが私のルーティーンです。

キンキンに冷やしても美味しいですが、焼酎の味わいや香りを楽しむなら、ぜひ少しぬるめの炭酸で割ってみてください♪

【商品情報】黒伊佐錦
原材料:さつまいも(鹿児島県産)、米麹(黒麹・国産米)
アルコール度:25%
製造者:大口酒造株式会社

 
伝統の手法と黒麹仕込みで生まれるコクとまろやかさ

コメント

タイトルとURLをコピーしました