2種類の作を飲み比べ!「作 純米酒 玄乃智」と「作 Impression-G」はフレッシュでシャープな至極の日本酒♪【酒レビューNo.15】

日本酒

もはやマイホーム!日本酒原価酒蔵で作の飲み比べを勧められた!

後輩と飲む約束をして、日本酒が好きということで場所は日本酒原価酒蔵に!ただ約束時間になってもその後輩が来なかったので、一足先に飲んでしまうことに笑

店員さんがおすすめしてくれた、店舗限定の”作”を飲み比べてみることにしました。

作のインプレッションシリーズって?

作は、地元で収穫された極上のお米のみを使用し造られた清水清三郎商店の日本酒。味わいはすっきりとしていて、飲みやすくなおかつ美味しい、多くの人々から愛されているお酒です。

その中でも「インプレッションシリーズ」は、のレギュラーシリーズに無濾過直汲製法を採用し、よりフレッシュさを楽しむことができる特別なシリーズです。

「恵乃智」「玄乃智」「穂乃智」「中取り」の4種類のレギュラーシリーズが元になり、M・G・H・Nの4種のインプレッションシリーズが存在します。

玄乃智と、そのインプレッションであるImpression-Gの味わいの違いは?

そんな「作」の中で、今回いただいたのは「作 純米酒 玄乃智」と「作 Impression-G」。上で書いた通り作 Impression-Gは玄乃智が元となっているインプレッション。どのように味が違うのか、気になりますよね!?

まずは、「作 純米酒 玄乃智」からいただきます。
清水清三郎商店のつくるお酒は、全て火入れをしています。それにもかかわらず口に入れると爽やかな口当たり。しっかりキレがあるのに辛すぎず、すっきりとした上品な甘さが口の中に広がる冷やで飲みたいお酒です。

続いて、「作 Impression-G」をいただきます。
インプレッションは火入れしているにも関わらず生酒のようなフレッシュさを目指したお酒です。口に入れた瞬間にフレッシュ感を感じ、微かな発泡感も楽しめます!味わい自体は玄乃智に非常に似ていますが、より生酒のようなフレッシュと、原酒ならではの力強さを感じとっても美味しいです!

  
 

まとめ

いかかでしたか?玄乃智Impression-Gのどちらの作もフレッシュでバランス最強のお酒でした♪生酒が好きな私的には、Impression-Gの方が気に入りました☆皆さんもぜひ飲み比べてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました