日本酒の種類ってわかりますか?原料や製造方法、味などの違いをわかりやすく解説!【日本酒の名称一覧】

お酒

日本酒の種類は多くてわからない!?

皆さんは日本酒が好きですか?日本酒は銘柄や種類がたくさんあって選ぶのが難しいですよね。今回は、日本酒の種類について徹底的に解説するので、ぜひ日本酒の種類について覚えて、あなたのお好みの日本酒を探してみてください♪

この記事を動画でご覧になりたい方は以下をご参照ください▼

日本酒の種類をわかりやすく解説!あなたは「特定名称酒」を説明できますか?

まずは基本の”特定名称”の清酒を覚えよう!【純米大吟醸の値段が高い理由】

「吟醸酒」や「純米酒」などの表記をよく見かけることがあると思いますが、これらの名前の意味をみなさんは正確に知っていますか?これらの名称がついているお酒は特定名称酒といわれ、「清酒の製法品質表示基準」によって要件が決まっています。

キーポイントは「原料」と「精米歩合」

特定名称は使用原料、製造方法などの違いによって8種類に分類されます。その分類のキーポイントとなるのが「原料」と「精米歩合」です。

精米歩合とは?

もとの玄米に対する白米の重量の割合のことを精米歩合といいます。例えば精米歩合が60%の場合、玄米の表層部を40%削っていることになります。お米の表層部には多くの栄養分が含まれていますが、これが多すぎると日本酒の香りや味に悪影響を与えてしまうので削り取ります。一般的に日本酒の原料となるお米は、磨くほど雑味が少なくなりすっきりとした味わいになるとされていますが、もちろんその分コストが上がるので、値段も高くなることが多いです。

まずはこれを覚えよう!特定名称酒一覧表

特定名称使用原料精米歩合こうじ米
使用割合
香味等の要件
吟醸酒米、米こうじ、 醸造アルコール60%以下15%以上吟醸造り、固有の香味、色沢が良好
大吟醸酒米、米こうじ、 醸造アルコール50%以下15%以上吟醸造り、固有の香味、色沢が特に良好
純米酒米、米こうじ15%以上香味、色沢が良好
純米吟醸酒米、米こうじ60%以下15%以上吟醸造り、固有の香味、色沢が良好
純米大吟醸酒米、米こうじ50%以下15%以上吟醸造り、固有の香味、色沢が特に良好
特別純米酒米、米こうじ60%以下又は特別な製造方法15%以上香味、色沢が特に良好
本醸造酒米、米こうじ、 醸造アルコール70%以下15%以上香味、色沢が良好
特別本醸造酒米、米こうじ、 醸造アルコール60%以下又は特別な製造方法15%以上香味、色沢が特に良好

吟醸酒系、純米酒系、本醸造酒系の違いを知ろう

【吟醸酒系】

楽天

吟醸酒系の日本酒の特徴は2つ。1つ目は精米歩合です。吟醸酒は60%以下、大吟醸酒は50%以下というように定められています。

2つ目は、「吟醸造り」という製法でつくられている点。吟醸造りとは、お米を低温でゆっくり発酵させ、かすの割合を高くすることで、吟醸酒特有のなフルーティな香りを有するように醸造することをいいます。

【純米酒系】

日本酒造りの際に「醸造アルコール」を添加せず、米、米麹、水のみで造られた日本酒が純米酒。お米だけで造られている分、ふくよかなお米の香りと米本来の旨みを楽しむことができます。

吟醸造りでつくられ、精米歩合が60%以下であれば「純米吟醸酒」、精米歩合が50%以下であれば「純米大吟醸酒」と呼ばれ、純米酒ならではのお米本来の旨みと濃醇さ、吟醸酒ならではのすっきりとした飲み口とフルーティな香りが合わさり、高級感ある味わいを楽しむことができます。もちろんその分手間やコストがかかるため、値段も高くなるのですね。

【本醸造酒系】

楽天

本醸造酒は純米酒と違い、醸造アルコールを添加して造られています。醸造アルコールとは、でん粉質物や含糖質物から醸造されたアルコールで、これを添加することにより香りが洗練され、すっきりとした味わいに仕上がります。

さらに、特別本醸造酒という種類もあります。こちらは”精米歩合60%以下又は特別な製造方法で造られ、香味や色沢が特に良好なもの”と定められています。こだわりを持って造られているモノが多いので、ぜひチェックしてみてください♪

"ひやおろし"や"山廃"とは?製造方法や飲みやすさを解説!

秋の到来を告げる「ひやおろし」とは?

ひやおろしとは、春に絞られた日本酒を秋まで貯蔵して出荷されるお酒のことを指します。一般的な日本酒は、貯蔵タンクにいれる前瓶詰めの際の2回火入れを行いますが、ひやおろしの特徴は火入れを貯蔵前の1回のみしか行わず、出荷前の火入れは行いません。

ひやおろしは生詰め酒の一種!”生酒”、”生貯蔵酒”、”生詰め酒”の違いはわかる?

そもそも火入れとはなぜ行うのでしょうか?火入れについて知ることで、「生酒」、「生貯蔵酒」、「生詰め酒」についても知ることができます。

火入れには、できた日本酒が火落ち菌という特殊な乳酸菌が繁殖することを防いだり、アミラーゼやプロテアーゼと呼ばれる酵素の働きを失活させる目的があります。火入れを行うことにより、味の変化を落ち着かせることができます。

名称貯蔵前の火入れ貯蔵出荷前の火入れ
生酒×××
生貯蔵酒×
生詰め酒×
二回火入れ

生酒は一回も火入れを行っていないので、文字通り”生”のお酒であり、しぼりたてのフレッシュな香りと新鮮な味わいを楽しむことができます。一方火入れをしていない分、ちょっとした温度の変化で風味や味が変わってしまう可能性があるので、保管には気をつけましょう。また、一度開けた後は、鮮度が落ちる前に飲みきることをおすすめします。

生貯蔵酒は、出荷前の火入れに一度火入れを行っているため、生酒に比べて比較的品質の管理がしやすいのが特徴です。貯蔵前の火入れは行っていないため、風味や味わいは生酒に近く、フレッシュさも楽しむことができます。

また、生詰め酒もフレッシュな味わいを楽しめる日本酒。こちらは貯蔵前に火入れしているため、同じく生酒よりは品質管理がしやすいです。

したがって、「ひやおろし」は生詰め酒の一種なのです!春に搾ったお酒に一度火入れをして夏の間貯蔵し、秋口に火入れを行わず出荷されるお酒が、ひやおろしと言われる日本酒です。秋の味覚との相性も抜群なので、ぜひ飲んでみてください♪

重厚な日本酒というイメージのある「山廃」はどんなお酒?

楽天

山廃という日本酒を聞いたことはありますか?聞いたことあっても、どんな日本酒か説明できる人は少ないとお思います。

山廃仕込みとは何かを知るためには、まず日本酒造りの過程を知る必要があります。日本酒造りの中で、酵母を繁殖させる「酒母造り」という過程があります。ここでは乳酸を用いて雑菌を除去しつつ、酵母を増やしていきます。

この工程で、速醸酛づくり生酛づくりという2つの製法が存在するのです。

速醸酛づくり販売されている乳酸菌を人工的に添加
生酛づくりお米や麹をすりつぶして、自然界の乳酸菌を利用

かつての日本酒は生酛造りでした。このお米や麹を手作業ですりつぶす過程は山卸と呼ばれ、深夜から早朝にかけて極寒の中で行われる重労働。しかし日本酒造りの技術が進んだことにより、山卸をしなくても乳酸と酵母を共生させる方法ができたため、この山卸という工程を廃止するようになり「山卸廃止酛」→「山廃(仕込み)」と呼ばれるようになりました。

つまり山廃とは、生酛造りの一種であり、山卸という工程を廃止したものなのです。

山廃の日本酒の特徴

山廃で育てられた酵母は、アルコールや熱に強いという性質があります。そのため、コクや酸をしっかり出すような作り方に適しています。また、発酵中にアミノ酸などの成分を消費しないので、旨みを多く含んだ日本酒に仕上がります。したがって、山廃は濃醇で重厚な日本酒であると言われているのですね。

そんな山廃は熱燗にぴったり。熱燗にすると日本酒の香りが開き味わいが増すため、山廃を堪能するのにはおすすめの飲み方と言えます。

まとめ

いかがでしたか?今回は日本酒の種類として特定名称酒やひやおろし、山廃などについて説明しました。皆さんも日本酒に詳しくなって、素敵なお酒ライフを楽しんでください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました