岩手県民が勧める地酒「雪っこ」とは?寒い季節にしみる冬季限定活性原酒!【酒レビューNo.11】

お酒

岩手の美味しい日本酒!酔仙酒造の雪っこ!

岩手・三陸の地酒「雪っこ」をご存知ですか?関東ではあまり出回っていませんが、地元岩手県ではかなり有名なお酒らしいです。

今回は一緒に岩手を訪れた友達が、「岩手出身の友達が「雪っこ」をおすすめしていたよ」と言っていたので、買って飲んでみることにしました。

地元のスーパーで購入!

確かに地元のスーパーには普通に置いていました。岩手県といえば浜千鳥が有名ですが、その横に置いてあったということで、地元では普通に知られている日本酒であることがわかります。

気になるお味は!?日本酒が苦手な人でも飲みやすいかも!?

瓶越しでもわかるにごり酒。活性原酒とは、酵母や酵素が生きたままの原酒で、口当たりがとろっとしています。

癖になるこってり系の味わいで、旨味ありながら甘すぎず、キレの良い甘さが特徴でした。おそらく好きな人はかなり好きな日本酒といえます。原酒なので通常の日本酒に比べて5度近くアルコール度数は高いのですが、普通に飲みやすいので注意かもしれません(笑)。冬なんかは体が温まるのでぴったりですね♪

岩手の地で初めて飲んだ活性原酒、確かにこれは地元の人がおすすめするだけあります。にごり酒はクセが強くあまり得意ではなかったのですが、これならキレもよくご飯も進むので、また岩手に来た時に買って帰りたいと思いました♪

【商品情報】酔仙酒造 雪っこ
原料米:岩手県産米
精米歩合:70%
アルコール度数:20〜21%

岩手・三陸の地酒。冬季限定の活性原酒で、一度飲むと病みつきになる美味しさ

コメント

タイトルとURLをコピーしました